profile


代々木ゼミナールで物理の講師をしています。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

赤外線を「見る」

 可視光の波長範囲はもう覚えたよね・・・
(まだの人は今覚えて!!理系の常識ですゾ)

そう紫から赤まで

約3.8×10^(−7)〜7.7×10^(−7)m

紫より短い光を紫外線、赤より長い光を赤外線といい、我々の目には見えません。

赤外線は、私たちの生活の中であるものに使われています。
それは、テレビなどのリモコン。
リモコン先端のビーズみたいなランプから赤外線が出てくるらしいのです。




では、みなさんもお手持ちのリモコンをボタンを押しつつ、直接目でランプを見てください。
・・・・・何も見えないはずですよね。(見えたら怖いです「ガラガラヘビ君」です)

それでは次に、デジカメもしくは携帯のデジカメモードを用意して下さい。
それで同じようにランプを撮影してみると・・・・・


あれ!ランプが光って見える??


これはデジカメが「見える」波長領域が赤外線まではみ出してカバーしているためなんですね。

さて、この赤外線は、可視光同様、電磁波という波の一種ですから、反射、屈折、回折、干渉
するはずですね。
そこで、MY回折格子にリモコンを通して見ると・・・


ちゃんと干渉縞が出来ている!(もちろん、これは肉眼では見えませんよ)
目には見えなくても立派な電磁波として、干渉するんですね。
皆さんも、リモコンの赤外線を、鏡で反射、レンズで屈折させてみよう。


この世界はまだまだ我々の見えない光に満ち溢れているのですね。

ちなみに iphone では見えないようです。