profile


代々木ゼミナールで物理の講師をしています。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

教室での実験

わたくしは授業で実験をして見せることがあります。

ただし、特にサテラインの授業では映像でのみ受講されている方がいらっしゃることから、実験の様子が上手く映っていないこともあるのではと思います。

そこで、サテライン受講の生徒さんの為に、教室で使用した回折格子で、実際に実験してみるとこんな映像になります。(これで教室にいる生徒さんが見ていたものと同じものになります)

 

 

JUGEMテーマ:大学受験


センター過去問の使い方

JUGEMテーマ:大学受験

 

センター試験の過去問は、大学センターのホームページでも過去3年分の本試、追試が手に入ります。

http://www.dnc.ac.jp/center/kakomondai.html

また、過去問集などでは、過去30年近くの問題が載せてあります。

 

センター試験の過去問の使い方として間違っているのは、「模試」としての使い方です。

例(2015年の問題を60分で解く、2018年の問題はもったいないから直前のリハーサルとして取っておく。)

 

センター試験の過去問の使い方として正しいのは「問題集」としての使い方です。

例(今週は放物運動やったから、放物運動の問題を過去問から3題ピックアップして、完全に解けるようにしていく。)

 

そのために準備しておくことは、過去問集で頻出のテーマを分類して、リストにしておくことです。

例(弾性力を受ける物体の加速度を求める問題⇒(18本4)(16本4)(15本4)(12本4)(10本4)(08本4)(07本1)(07追4)(03本2))

このためにはじっくり過去問を分析することが必要ですが、得られる効果を考えると手間をかける価値は十分あります。

 

この分析はいつ始めれば良いのでしょうか?

 

それは、早ければ早いほど良いと思います。

 

センター試験の過去問というのは、もったいないから後にとっておくのではなく、この1年ずっと手元に置いて、類題演習用の問題集として慣れ親しみ、過去問マニアになるくらいの気持ちで付き合って行くものだと認識して下さい。

 

 

 

 

 


復習の3ポイント

JUGEMテーマ:大学受験

 

いよいよ2018年度の講義が始まりました。

 

捲土重来を期す人はさらなる高い目標をもって下さい。

 

これからはじめての受験で不安と期待の入り混じった気持ちの方もおられることでしょう。

 

まずは、1週1週の《テーマ》を完成させていくことに集中しましょう。

 

そのためには、復習が必要です。

 

 

 

 

復習としては、次の3つを。

 

1 ◎のまとめノート

 

板書の◎の部分を、まとめ用の専用ノートに、もう一度自分の言葉で整理して理解を深め、まとめていきます。

 

2 例題のときなおし

 

例題を、その日か次の日、2週間後、2ヶ月後に、3回ときなおします。

 

3 類題演習

 

例題1題につき3題、お手持ちの問題集で演習します。◎の解法を使えば、同じように解けてしまうことを確認して下さい。

 

手前味噌で大変に恐縮ではありますが、解法の確認にもなりますので、復習教材としては

 

標準物理及びセンター物理の受講者には「旺文社 漆原の物理 明快解法講座」を、

 

ハイレベル物理の受講者には「旺文社 漆原の物理 最強の88題」を、お薦めしております。

 

 

 

 

毎週の予習、授業、復習、の繰り返しで、はじめは想像もできなかった高みに登ることが出来ます。

 

まずは初めが肝心です。

 

 

 

 

 

 


新学期の準備:予習が大切

新学期で使うテキストが届きましたら、授業で扱う例題を予習しましょう。

 

1回の授業で扱う例題は、2題程度です。

 

問題文に目を通し、与えられた文字に○、条件に下線、条件を絵に表してみる。

 

そして、解けるところまで解いてみる。

 

解けないところ、不安のあるところ、わからないところは、自分なりに分析

 

(例:問題の様子がわからない、立式できない、式が解けない・・・)

 

そこを講義で集中して下さい。

 

成功している人は、予習が充実しています。

 

JUGEMテーマ:大学受験


新学期の準備:物理苦手な人は

例年、物理初めての方や極めて不得意であった生徒さんが、最終的に栄冠を勝ち取っています。

 

物理に苦手意識の強い方は、拙書

 

「漆原晃の物理基礎、物理が面白いほど分かる本」(力学熱力学編、電磁気編、波動原子編)KADOKAWAの

 

毎回の授業に該当する部分

 

(1学期の1回目の講義の例;1学期テキスト第1集は力学熱力学編1,2,3章、第2集は波動原子編1,2章)
 

を講義前と、講義後に目を通しておくと、「ついていけない」ことはなくなるでしょう。

 

JUGEMテーマ:大学受験


新学期の準備三点セット

今年もテキストが配られ、始まりの時期になりましたね。

 

私の授業を受講される予定の方に、新学期の準備に用意していただきたいものを。

 

.襦璽坤蝓璽嬲瑤魯痢璽函ΑΑΔ海譴枠捗颪メモ用。(板書はそっくりそのまま写すのではなく、必要事項だけをメモする)

 

⊃Д撻鵑寮屐∪帖・・・これらはそれぞれ板書で使用するチョークの赤、青、黄色に対応します。黃ペンは見えないので橙です。

 

手帳サイズの小型ノート・・・これは,箸亙未法復習時に板書の◎の部分をもう一度まとめる為のノートです。

 

詳しい使用法は講義で説明いたします。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:大学受験


お疲れ様でした

JUGEMテーマ:大学受験

 

東京ではようやく春の兆しが感じられる日になりました。

 

国公立前期試験が終わりまして大変お疲れ様でした。

 

これまで頑張ってきた皆さんたちの努力が実を結ぼうとしています。

 

 

 

 

思い出してみますと、この1年言い続けてきたこと、

 

・物理用語の定義、概念に何度でも立ち返り続けていくこと

 

・どのように問われても同じようにに解けてしまう解法体系(本質的ハメ技)を手足のように自由自在に展開できること。

 

これらによって、入試問題も十分に対応できたことを実感されたことだと思います。

 

 

 

皆さんに願うことは

 

「物理を通して世界が今までとは違ったものに見えてほしい」ということです。

 

 

 

皆さんは、今まで気にも留めなかったどんなものを見ても、

 

それを物理の問題として捉える。

 

そして、物理の思考体系にしたがって分析する。

 

驚くべき結果、深まる謎に、好奇心がさらなる好奇心を呼びもう後戻りできない。

 

 

 

 

「本当に使える物理」を学んだことによって皆さんの人生が豊かなものになりますように・・・

 

 

 

 

 

 

 

 


センター後の過ごし方

センター試験後はとかく色々思い悩んだり、手続きに追われたり、なかなか勉強が手につかないことあるかもしれません。

でも、後ろを振り返って思い悩むより、前に向かっての行動です。

やがてやってくる私大・2次試験から逆算して、冷静に戦略を立て、最善を尽くすべきだと思います。
まず計画を立てる紙を用意し、「受験最終プロジェクト」と大きく題名を書き、カレンダーの様に日付を書き込み、次の3ステップを行います。

 step1・ 提出事項から合格手続きまでの、想定されるあらゆる事務手続きの日時を埋める。
 step2. 勉強に使える日時を割り出し、空欄の枠にする。
 step3・ やるべき勉強リストを作り、step2.で作った枠に埋めていく。

ひとたび計画を立てたら、後は、そのプログラムに従って、自分を、ただひたすらマシーンと化して、1日1日やるべきことを、ひとつひとつ、こなしていく、これがベストな道なのです。
 


P.S. 
「漆原晃の物理重要解法総チェック」受講生へ
まず、「演習問題の予習」から手をつけていきましょう。
さらに、「ファイナルエクササイズ」を演習し、「そのまま出る証明系問題」をコンプリートできれば、万全の態勢で入試に臨めます。
授業で完成する、「解法体系マップ」をそれからの過去問演習でフル活用して下さい。
このテキストは、入試の会場まで使えるテキストです。

「大学別予想問題」受講生へ
まず、テキストの予想問題の演習を授業当日までにしっかりやってきて下さい。
各テキストには、解くべき過去問のリストが載っています。
特に、早慶理科大予想問題演習では、各大学、各学部、各学科にわたる詳細なリストが掲載されています。
過去問を用意し、そのリストに乗っている問題をそれぞれの「頻出テーマ」を意識してどんどん演習していきましょう。
特に苦手なテーマは、今まで1年間頑張ってきた参考書や講習のテキストなどで該当する部分に戻り、補強していきましょう。

一日一生です。


JUGEMテーマ:大学受験JUGEMテーマ:大学受験

質問回答

本年度もよろしくお願いいたします。

 

【参考書】

 旺文社 漆原の物理 明快解法講座

【質問するページ・行・問題番号】

 p261 ()

【質問内容】

X軸と逆向きなので、速度vの符号はマイナスになるのではないでしょうか。

 

回答

申し訳ございません。

P261の問題文の(1)で「電子の平均移動速度vを求めよ」

を、解答に合わせて「電子の平均移動速度の大きさvを求めよ」に訂正いたします。

 

本番の試験では、このようにベクトルとスカラー例えば、速さと速度、加速度と加速度の大きさなど、意識的に区別する習慣が大切になっております。我ながら教訓デス。

 

 


いよいよ冬期講習が始まります

明日の新潟を皮切りに、冬期講習が始まります。

 

オリジナルゼミでは、この1年間ひととおり学習した中でも、まだまだ苦手意識が高く伸びしろがある分野をピックアップして、この時期に最大効率で総得点を伸ばせる講習にしたいと思っております。予習をしっかりして授業に臨んで下さい。

テキストには、復習用自習問題がついていますので、ドンドンと進めていきましょう。

 

センターや名大のテストゼミでは、本番同様のテストを行う中で、時間配分、記述の仕方、時短テクニック、盲点チェックなどを、実践を通して身をもって学んでいただきます。予習は不要ですが、課題意識を持って復習に力を入れてください。

 

皆さんの合格の確度が高まるよう、気を抜かさずに、真摯に取り組んでいきましょう。

 

JUGEMテーマ:大学受験


| 1/24PAGES | >>