profile


代々木ゼミナールで物理の講師をしています。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

いよいよ冬期講習が始まります

明日の新潟を皮切りに、冬期講習が始まります。

 

オリジナルゼミでは、この1年間ひととおり学習した中でも、まだまだ苦手意識が高く伸びしろがある分野をピックアップして、この時期に最大効率で総得点を伸ばせる講習にしたいと思っております。予習をしっかりして授業に臨んで下さい。

テキストには、復習用自習問題がついていますので、ドンドンと進めていきましょう。

 

センターや名大のテストゼミでは、本番同様のテストを行う中で、時間配分、記述の仕方、時短テクニック、盲点チェックなどを、実践を通して身をもって学んでいただきます。予習は不要ですが、課題意識を持って復習に力を入れてください。

 

皆さんの合格の確度が高まるよう、気を抜かさずに、真摯に取り組んでいきましょう。

 

JUGEMテーマ:大学受験


センター試験対策その2

過去問で普段の2次対策でカバーしきれない独特のポイント、リズム感を掴んだら、後は、アウトプットの練習です。

 

私はよくセンター試験は60分で解くのではなく、45分で解くように、と話しています。

 

確かに、計算が複雑でとっつきづらい問題も出てくる可能性もあるでしょう。その問題に拘泥して、試験時間が足りなくなり、その後のなんでもない問題にろくに目を通せなくなり取れるところで取りこぼす、という大失敗パターンが毎年のように出ています。

 

自信のない問題は、とりあえずの答えをマークしておいて、問題番号に大きく△印を付けておく、そして、45分経過時には全てのマークが塗られている状態にする。そして残り15分で、△印を中心に見直すというパターンです。

 

 

 

 

また、センターはメンタルの試験と言われます。必要以上に興奮したり、緊張したりしたときには、自分を客観的に見つめ「その興奮や緊張は、一体なんの役に立つのか?」と問い直し、落ち着きを取り戻す。また「深呼吸法」「ストレッチ法」などの平常心回復のための身体的テクニックを身に着けておきましょう。

頭のなかで「リラックスしろ」と唱えても意味はありません。

要は「脱力主義」。「ふーーーっ」とゆったり体中の力を全て抜いて下さい。

心ではなく先ずは身体からコントロールしていくのです。

 

 

 

これらを、緊張感のある予備校などの「センター演習テスト系の講習」で経験しておくことは、とても大切なことです。


センター試験対策その1

過去問はやったらいいのですか?と質問受けます。

 

過去問研究は必須の前提です。

 

過去問は現行課程の物理だけでなく、旧課程、旧旧課程の過去問まで演習してください。

確かに、旧課程の物理気呂い泙諒理全範囲をカバーしてはいないのですが(物理基礎には範囲外になるところがあります)、やって無駄になる問題は一つも無く、さらに、センター独特の「回答選択、グラフ、正誤などのリズム感、選択のセンス」、昨年も出た「静電気や、比熱などセンター特有の問題」に対する力が養われるので、「センター模試になるといまいち偏差値が出ない」という人は必ず手に入る過去問は全てやり尽くしてください。

 

過去問研究を真の意味でやり尽くした人に、センター失敗した人はいないと言えます。

 

JUGEMテーマ:大学受験


12月の勉強法

皆さんの授業もあと少しで2学期も終わり、いよいよ来たる入試に向けての総仕上げの時期が始まりました。

 

ここまでは、毎週のようにどんどん新しいテーマを授業で扱いましたが、ここからは「習った概念や解法を体系化し定着」させ、どんな分野の問題が出ても「解法を自由自在に使える」ようにしていくことが必要です。

 

先ずは、「習った概念や解法を体系化し定着」のため、「◎のまとめノート」の見直しをしましょう。特に「そのまま出る問題」は何も見ずスラスラ解けるまでにしておきましょう(びっくりするほどよく出ます)。

 

そして、ここからが大切ですが、「解法を自由自在に使える」ように、講習などを利用して弱点分野の十分な量の問題演習をしていきましょう。冬期第1期の私のオリジナルゼミでは、短期集中して受験生共通の弱点分野を一気に演習できるテキスト構成になっております。

 

センター試験攻略についてはまた次の記事で。

JUGEMテーマ:大学受験


2学期の学習法

2学期は夏休みのような復習期間がないので、毎週が勝負です。

 

例えば、今週は「力のモーメント特別強化週間」、

来週は「万有引力集中攻略ウイーク」・・という具合に、

 

隔週の授業の《テーマ》の分野の類題を、

問題集や、過去問によって一気に集中して行い、「ケリ」をつけていきます。

 

その連続が、やがて大きな実りとなって収穫されることでしょう。

 

JUGEMテーマ:大学受験


夏期のテキストが出来上がりました

夏のテキストが印刷所から出て、出来上がりました。

 

どのテキストも非常に「さらにバランスよく」仕上がっております。

 

1学期から授業を受けていた人がさらに実力を伸長させるのにも、もちろん、夏期から初めて受ける人が体系的に根幹を固めていくのにも、対応できるものになっております。

 

このテキストを手にした瞬間から、しっかり予習を進めてください。特に「漆原晃の〜」シリーズでは、セクション毎にある「エクササイズ」もトライしてみてください。

 

熱い夏にしましょう。

 

P.S.

ホームページの夏期の時間割表がまだ更新されていませんが、

 

**生授業**

 

日程        校舎 限 講座

7月17日〜21日 本部 5 漆原晃の物理(力学熱波動) 6 漆原晃の物理(電磁気)

 

7月24日〜28日 名古屋 3 センター物理  4 名大物理 5 漆原晃の物理(力学熱波動) 6 漆原晃の物理(電磁気) 

 

7月31日〜8月4日  新潟  1 漆原晃の物理(力学熱波動) 2 漆原晃の物理(電磁気)

 

8月8日〜12日  札幌 3 センター物理 4 漆原晃の物理(力学熱波動) 5 漆原晃の物理(電磁気)
 

8月14日〜18日  本部 3 センター物理基礎 4東工大物理 5 漆原晃の物理(力学熱波動) 6 漆原晃の物理(電磁気)

 

**フレックスサテライン(生授業の収録)**

 

 

・漆原晃の物理(力学熱波動) 

・漆原晃の物理(電磁気)

7月24日から受講可能です。

 

・センター基礎物理

・東工大物理

8月21日から受講可能です。

 

 

 

詳細はhttp://www.yozemi.ac.jp/course/koshukai/

のデジタルカタログ

にございますので参考にしてください。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:大学受験

 

 


夏期講習の選び方

JUGEMテーマ:大学受験

 言うまでもなく、夏休みは、この1年の最も重要な「差のつく時期」になります。
特に、苦手意識を持つ人が多く、英語や数学に比べ後回しになりがちな「物理」は、
この夏が集中メンテナンスができる、唯一の機会になるでしょう。
そこで、このチャンスをより有効なものにするための、夏期講習の選び方を、Q&A方式で説明したいと思います。

Q 夏期講習は取る必要はあるのですか?
A もし、あなたが今1学期の講座を取っているとしたら、もうすぐ第8講を終えると思います。
この8講分の講義でどうでしょうか、「独学」で学ぶより、確実に物理の力が進歩しているのではないのでしょうか。
夏期講習1講座の5回の授業でも力がつくのです。これは秋以降歴然とした差となって、顕在化します。
学期の講義とは集中度、切り口等異なりますので、学期の授業と夏期の授業両方で、相乗効果が出ます。

Q 先生の授業を普段取っていないのですが、大丈夫ですか?
A 私の授業では、いきなり問題を解くということはしません。しっかりと必要事項を確認してから、授業を進めていくので、十分対応できます。

Q オススメの講座はありますか?
A 各生徒さんによって、違いはあるものの、コレを取って間違いがないというものは、「漆原晃の物理」シリーズ2つ(電磁気と力学・熱・波動)です。レベルは標準からハイレベルです。
まず、テキストに参考書+問題集の要素をまとめた「オールインワン」の充実度は、他に類を見ないものとなっております。
これだけの内容を、しかも完全消化して頂くので、かなりハードな5日間になりますが、「先生の解法でテキストの100題の問題を2周したら、一気に物理の実力が上がりました」と、国公立医学部に合格された生徒さんが、評されておりました。
その他もセンター講座、もう少し難易度の高い名大、東工大などの大学別講座もあります。

Q フレックスサテライン講座でも、大丈夫ですか?
A 全く大丈夫です。例年、校舎での「漆原晃の物理」の生授業が2コマ連続になるので、片方をフレックスサテライン講座で、違う週で受けられる生徒さんもいらっしゃいます。「漆原晃の物理」のフレックスサテラインは、7月24日より受講可能です。

では、大切な夏、ベストを尽くせるように、今から万全に準備を整えましょう。





 


復習はこの3ポイントで

授業の後は復習です。

 

やっていただきたいことは3つあります。

 

 

 

 

1・◎のまとめノート作り

 

 

 

講義をメモしたノートに書いてある、◎の部分を、もう一度自分なりに整理してまとめます。

 

以前の記事「新学期の準備3点セット」にも書きましたが、手帳サイズのノートに1ページに一つの、◎の部分をまとめます。

 

これは常に見返すことで、重要な概念や解法が定着し、模試や本番の試験の直前でも、さっとポイントを思い出せる強力なツールになるのでとても役に立ちます。

 

合格を果たしたOB、OGさんも、「コレが決め手でした」とされておりました。

 

 

 

2・講義で扱った問題のときなおし

 

 

 

講義で扱った問題がどのくらい定着しているかが、実力の目安になります。

 

ここでは、「3回ときなおし法」をおすすめします。

 

一回目はその日のうち(記憶に新たなうちに軽く見直す)

 

二回目はその週の週末

 

三回目は1ヶ月後

 

脳科学のエビングハウスの忘却曲線によると、この方法がもっとも、効果的な方法となります。

 

 

 

 

 

3・類題演習

 

 

 

 

同じ問題なら解けるけど、ひねられるとどうも・・という人はいませんか?

 

一つの解法がどんな問題でも使えることによって、初見問題も解け、合格できるようになります

 

そのためには、復習で似たような問題(類題)をドンドコ解く必要があります。

 

しかし、自習の効果を考える上では、難しくとっつきづらい問題ではなく、良問でそれをおこないたいです。

 

そこで、手前味噌で恐縮ですが、

 

ハイレベルの方には、旺文社「漆原の物理 最強の88題」

 

標準の方には、旺文社「漆原の物理 明快解法講座」をおすすめしております。

 

 

JUGEMテーマ:大学受験


新学期の準備:予習が大切

新学期で使うテキストが届きましたら、授業で扱う例題を予習しましょう。

 

1回の授業で扱う例題は、2題程度です。

 

問題文に目を通し、与えられた文字に○、条件に下線、条件を絵に表してみる。

 

そして、解けるところまで解いてみる。

 

解けないところ、不安のあるところ、わからないところは、自分なりに分析

 

(例:問題の様子がわからない、立式できない、式が解けない・・・)

 

そこを講義で集中して下さい。

 

成功している人は、予習が充実しています。

 

JUGEMテーマ:大学受験


新学期の準備:物理苦手な人は

例年、物理初めての方や極めて不得意であった生徒さんが、最終的に栄冠を勝ち取っています。

 

物理に苦手意識の強い方は、拙書

 

「漆原晃の物理基礎、物理が面白いほど分かる本」(力学熱力学編、電磁気編、波動原子編)KADOKAWAの

 

毎回の授業に該当する部分

 

(1学期の1回目の講義の例;1学期テキスト第1集は力学熱力学編1,2,3章、第2集は波動原子編1,2章)
 

を講義前と、講義後に目を通しておくと、「ついていけない」ことはなくなるでしょう。

 

JUGEMテーマ:大学受験


| 1/24PAGES | >>